シェーカーを振ってお酒を作り

img 収入が比較的高いバイトをしたかった私は、バーテンダーの仕事をネットで調べていました。 高額バイトでもあるこの仕事でしたから、頑張って複数の求人サイトで探して、近所のお店を見付けることが出来ました。

私が勤めているお店は18時から始まりますので、開店の1時間前には出勤します。複数の店員でお店の掃除をして、氷を割るなどの準備をしてから、18時にお店を開けるのです。 開店後はお客様と雑談しながら、シェーカーを振ってお酒を作り続けます。

お酒の種類は数多いですし、それを混ぜ合わせて作るカクテルの種類も非常に多いですから、勤め始めた頃は、それを覚えるのがとても大変でした。 メニューにあるものを全て覚えるだけでも、とても大変でした。常に一定の味のものを作れるようになるには、かなりの時間と経験が求められるのです。 ただ、カクテルを作るだけではなくて、バーテンダーならば、お客様と会話をすることも大事です。お客様は職業も趣味も十人十色ですから、お客様によって話題が全く違います。

私も最初は頷くことしか無理だったのです。ですが、それではお客様も退屈してしまうでしょうから、お客様との会話についていけるようになることが大事だと感じたのです。 そこで、いつも必ず新聞を読むようにしました。巷で人気のテレビ番組も見ることにしました。あらゆる雑誌も読むようにして、お客様の皆様のそれぞれの話題に対応出来るように頑張ったのです。

その結果、私との会話を楽しんでくださる方が増えて、常連のお客様が増えていきました。 バーテンダーはお酒を作るだけではなく、お客様のよい会話の相手になることが大切だと、このことで分かったのです。 それ以降は、お酒を作る技術を鍛えながら、コミュニケーション能力も磨いていきました。そのうちに私の知識も豊富になり、お客様との会話が仕事上のものではなく、私自身の楽しみにもなっていったのです。 今ではこの仕事が、私の理想の仕事だと思っています。