image03

パン屋のアルバイトに関する体験談を聞いて下さい

パン屋のアルバイトに関する体験談を聞いて下さい。実はこういう仕事は得意ではなかったのに、たまたま良い時給だったので面接を受けてみました。しかし、仕事だと思えば案外どんな仕事も苦にならなくて、苦手と思い込んでいたこの職種も楽しんでやっています。仕事が集中すると結構辛いですが、仕事が終わる時にはよく働いた充実感でいっぱいです。その上、職場の仲間は協力し合ったり、気遣いができる人がたくさんいるので頼りになります。

アルバイトに取り組む時に注意する点について考えて見ましょう。まず念頭に置くことは、アルバイトだからと思って仕事をおろそかにしないことでしょう。特に、アルバイトに慣れてきたあたりで見受けられるのですが、つい仕事を省略してしまったり、時間を気にせず作業してしまっては許されません。お客様にとっては、アルバイトだろうが社員だろうがその店の人間であることに違いありません。自分自身の責任を果たすことが大事なのはどのような仕事についても共通したことですね。

アルバイトまでの通勤距離は短い方が便利ですよね。移動時間が少ない方が自分にとって楽ですし、雇う側にとっても長所が大きいのです。ガソリン代をアルバイト先が負担する場合はもちろんのこと、急遽アルバイトが必要な時に短時間でアルバイト先に着くので好都合なのです。しかも、通勤距離が短いと突然の事故や大雨トラブルなどが発生する可能性が少なくなるので雇い主としても安心なのです。アルバイト本人とアルバイト先の双方にとって都合が良いですね。

bread1 アルバイト期間は長くないと採用は難しいでしょうか。もちろん、できるだけ長く働ける人は仕事場の訓練の負担が減るので都合が良いでしょう。ですが、将来のことはどんな人にも知ることができません。突発的に止むを得ない事情でアルバイトをやめなければならない人もいますし、会社の都合で仕事場が大きく変わることもありえる話です。従って、アルバイトに応募する時は深く考え過ぎず、可能な限り長く、責任を持って働く気で応募するのが一番重要です。

更新情報